スタッフ紹介・挨拶

長田 侑三 (Osada Yuzo)

AZRONE 姿勢改善院 スタッフ

専門学校を卒業後、日本工学院八王子専門学校の教育補助員として鍼灸治療やスポーツ整体の指導に力を注ぐ。

その後運動機に特化した整形外科、整骨院を経験し、自身の精神疾患の経験も活かした施術を提供。
栄養学、運動学、姿勢分析を得意とする。

水上 謙 (Ken Mizukami)

AZRONE 鍼灸治療院 院長・パーソナルトレーナー

市立船橋高校にてバレーボールのインターハイ出場。
鍼灸学科在学中に全日本鍼灸学会、美容鍼灸の研究発表において優秀賞受賞。
中国医科大学、呉迎上海第一治療院にて研修を積む。
鍼灸学科在学中からパーソナルトレーナーとしても活動し、
2018シーズンは競技者としてボディコンテストのMr.Model Japanで活躍した。
Mr.Model Japan2018 東日本5位入賞。
Mr.Model Japan2018 日本大会ファイナリスト。

当院の思い

「健康で幸せに」

私が1番大事にしていることです。
今は私自身が世界で1番健康で幸せな自信があります。

ところが小さい頃は健康ではなく、
薬漬けの日々でいつまでこの生活が続くのか、終わりの見えない不安にかられてました。

私は6歳から気管支喘息で入退院を繰り返す程病弱な身体でした。
病院で処方された3種類の薬とネブライザー(毎日40分)を長い間続けていました。

そして13歳の頃に初めて鍼灸そして漢方も処方してもらうようになりました。
東洋医学は効果を実感できるまで半年程かかりましたが、
体質が変わり、症状が改善され、
薬漬けだった毎日から解放されました。
体質改善を目的とする鍼灸の神秘さに感動しその後鍼灸師を志しました。

東洋医学には難病はない

私の師の言葉で「東洋医学には難病はない」
という言葉があります。
この言葉は希望でしかありません。
私のように薬漬けで不安な方、
西洋医学では見放されてしまった方。
そんな方達の「最後の砦」として患者様から頼られる鍼灸治療院にしたいです。

私の人生は、沢山の人に恵まれ助けられ、今こうして「健康で幸せに」生きられています。
そして私にできることは治療を通じて、出会った方に今できる最高の治療を提供することです。
私の治療が沢山の方の「健康で幸せに」過ごせるキッカケになれれば幸いです。

AZRONE 代表パーソナルトレーナー 水上 謙